【謎解き論文No.2】江別市リアル謎解きゲーム問題作成プロジェクト実践報告(2017)

今日の論文

江別市リアル謎解きゲーム問題作成プロジェクト実践報告*1
ci.nii.ac.jp

著書の斉藤先生

以前、福大に来られていた斉藤先生に直接お話を伺った時のお話
chitabea.hateblo.jp

要旨

江別市リアル謎解きゲームは、江別市内の観光スポットや店舗を巡りながら、江別市に関わるクイズ形式の問題を謎として解いていく参加型のイベントである。江別市リアル謎解きゲームは、参加者のニーズに合わせた「徒歩・初級編」、「徒歩・上級編」、「ドライブ編」の3つのコースが設定されている。本稿では、本学学生が担当した「徒歩・初級編」、「徒歩・上級編」の問題作成についての報告を行う。

感想

難易度調整本当に大事。特に、難しくすることは簡単だけど、楽しくて簡単なのって作るの苦労する。

参加者は隣の市からの流入が多かったとのことで、やはり謎解きを道具に地方に人呼ぶって効果ありそう、という話。