【人狼論文No.5】プレイログから獲得した行動選択確率を用いた人狼ゲームのシミュレーション(2015)

今日の論文

プレイログから獲得した行動選択確率を用いた人狼ゲームのシミュレーション

  • 2015年度人工知能学会全国大会(第29回)
  • 平田 佑也, 稲葉 通将, 高橋 健一, 鳥海 不二夫, 大澤 博隆, 片上 大輔, 篠田 孝祐

要旨

本研究ではコミュニケーションゲームとして知られる「人狼」をプレイできるエージェントの構築を目指している.人間同士での人狼プレイログから,プレイヤー自身がどのように振る舞うか,他プレイヤーに対してどのような判断を下すのかといった情報を取得し,任意のゲーム状況における行動の選択確率を求めた.これを用いて人狼エージェントを作成し,人間同士でのゲーム結果と似たものとなるか,シミュレーションを行った.

内容

人狼知能の開発プロジェクトの一環として行われた研究。
人狼エージェントが人間のプレイヤーと同じ作戦をとることで、人間のプレイヤー同士によるゲームと同じような村人陣営と人狼陣営の勝率の割合になるかどうかを調査したものです。

たとえば、「人狼は、村人よりも、占い師や霊媒師など役職を持っているプレイヤーを優先して襲撃する」などの行動です。

結果として、エージェントがランダムな行動をした時に比べて、人間と同じ作戦をとった際には、実際の人間同士のゲームの勝率に近い結果が得られました。

感想

人狼BBSめっちゃ研究材料に使われてるんやな。
いつか対面人狼のプレイデータも研究に使えるようになるといいなあ。