あるむふぁっきら

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あるむふぁっきら

福岡の大学生による雑記帳。

全国梅酒祭り in 福岡(大宰府)2017の詳細、試飲の感想など

福岡

こんにちは。
川尻いっちーです。

太宰府天満宮で3/10(金)〜13(月)まで、全国梅酒祭り2017が開催されています。

友達と行ってきたので、レポートを書いておきます!
*1

全国梅酒まつりとは?

umeshu-matsuri.jp
全国の150種類以上の梅酒が試飲・購入できるイベントで、今年は水戸・福岡・西宮・東京の4会場で開催されます。

会場は全て有名な神社となっていて、境内の景色も楽しみながら梅酒を味わうことができます。

試飲の詳細について

試飲に参加するにはチケットを購入する必要があります。会場によって値段は多少違うようで、福岡会場は前売りが1000円、当日券が1200円でした。今回僕はローソンチケットで前売り券を買いました。

会場で受付をすると、このように色のついた入場パスを渡されます。このパスの色で残り時間がコールされるようになっています。


同じ色の入場パスの人が30人程度集まったら、スタッフの方の注意事項を聞いてから試飲ブースのテントの中に入ります。この時に小さなプラスチックのコップを渡されます。試飲時間は30分間です。

全部で150種類以上の梅酒があるので、時間内に全てを飲むことはかなり難しいと思います(笑)
もし全種類を飲んだとすると、1ビン丸々を飲み干したのと同じくらいの量になるので、なかなか怖いですね。

梅酒は7つのカテゴリーに分けられているので、各カテゴリーから気になったものを選んで飲んでみるというのがいいと思います。

酔い対策として、入り口でペットボトルの水が1本100円で販売されています。また、歩き食べができるおつまみもあるので、欲しい方は買うことができます。


ファストパス

試飲イベントには「ファストパス」という入場券があります。
これは、待ち時間なしで試飲ブースに入場できるチケットです。

30分の時間制限があるところなど、他の部分は通常のチケットと同じです。

僕は土曜日の午前中に行きましたが、通常のチケットでもほとんど待ち時間がありませんでした

人出の多い日曜日の午後などはもっと混雑していると思うので、日曜日に梅酒まつりに行く予定の方は購入をファストパスの購入を検討してみてもいいかもしれません。

参加した感想

151種類すべての梅酒を飲むことはできませんでしたが、味わいの違う様々な梅酒を試飲することができて、一緒に行った友達ともども大満足でした!

特に「カープ梅酒」や「ミルクたっぷりいちごの梅酒」などといったユニークなものや、1本1万円近くするような超高級なものは普段飲む機会がないので、とても良かったです。

Facebookの投稿などを見ていると、午後に行くとストックが切れて試飲できる種類が少なくなっているという情報もあるので、午前中に行くのがよさそうです。朝からお酒飲んでる!っていう快感(?)にもなりますし(笑)

来年も福岡で開催されるようであればぜひ行きたいと思います!

他の会場の日程は、

  • 水戸会場:3/3(金)〜3/5(日)(終了)
  • 西宮会場:4/21(金)〜4/23(日)
  • 東京会場:10月の予定

となっています。

梅酒が好きな方は大満足間違いなしのイベントです!

*1:僕も友達も成人済みです。