あるむふぁっきら

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あるむふぁっきら

福岡の大学生による雑記帳。

第33回(2013)高校生クイズ全国放送の感想

全国1,2回戦は愛媛では視聴できなかったのがとても残念。

知り合いが出ていたのに全く見れずじまいでした。

 

ちょこっと触れられていましたがくじ引きとかあったんですね。

あれは、きついだろうなぁ。

 

さて空港での大声早押し。

地理で模試全国一位を取ったことがある友人がTwitterで「蕨市ってどこ?」とつぶやいていました。

ベタ問と一般常識との差(?)を実感しました。ラサールはクイ研なのでやっぱりこういった問題は特に強い。

 ここで敗退が決まったチームはつらいなぁ・・・。

 

タイラウンド、ものすごく楽しそう。あんな体験は一生のうちに何回できるんだろう。

「今しかできないことをやっている」って感じがして見ていてとてもおもしろかったです。

現地の人とのコミュニケーションができなければ解けないクイズもあり、すばらしかったと思います。

 

敗者復活のどろんこマルバツ。僕はどろんこクイズはあまり好きじゃない。

でも広島が勝ち残ったことは中四国勢としてとてもうれしいです。以上。

 

パリラウンド、コミュ力がとにかく試されたなぁ、と。

長野の御子柴さんはすばらしかったですね。漫画喫茶のシーンは本当にすごいと思いました。

そして決勝への最後の問題。見ている側からすると「知らないけど、エッフェルさんなんだろうなぁ」

公式Twitter垢でエッフェル塔の前でクイズしたとかなんとか言ってましたもんね。

決勝はモン・サン=ミシェルって明言してたし。

ますあな「あれはつなぎか!?」

はい、全チームつなぎでした。

やっぱり長野は早かった。そして慶應が2着で決勝はこの2チームで。

ラサールも広島もあと少しでしたが・・・。個人的にはこちらの2チームを推していたので残念でした。

 

ナレーションがこの日はなんと一年に数回しか起こらないなんちゃらかんちゃらって言ってましたが、その時に合わせて行ったんですよね。

http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/tv/tnews/20130903-OYT8T00765.htm

↑写真の説明文に思いっきり書いてありますね。

ここまで見ていて、ああおもしろいな。と感じていたのですが・・・、最後がまさかバラマキとは・・・。

クライマックスは二人三脚ですか。戦った2チームは本当にすばらしかったと思います。

彼らの一生懸命さやそこにかける思いは十分伝わったと思います。

しかし。「高校生クイズ」って名前がついている以上、最後くらいクイズをしようよ!

これまでの大会で決勝が早押しでなかったのは、前回までの「知の甲子園」時代と、今回だけみたいです。

(ウィキ調べ)

前回までは内容が内容でしたから、まあ決勝が早押しでなくともクイズ的にはおなかいっぱいになれたのですが。

 

全体を通して、見ていてドキドキする場面もあったし、「これ実際にこの場にいたらものすごくたのしかっただろうなー」ってこともたくさんあり、いい番組だったと思います。

でもいい番組であっても、いいクイズ番組かと言われると・・・。

地区予選では参加していたどこかのクイ研の部員が番組スタッフさんから「クイズばっかりやってるからダメなんだよ」的なことを言われたらしいですし。

地区大会決勝は3択とアトラクション。全国決勝はバラマキ・謎解き・持久走。

これを「クイズ番組」と呼んでいいのだろうか。

 

これまで「知の甲子園」を否定するあまり、クイズ番組としては決して良いものではなかったな、というのが僕の正直な感想です。

ただその中でも活躍したクイ研の方々は本当にすごいですね。最後にクイ研メンバーがいる慶應さんが優勝して、本当にうれしかったです。

 

これまでの知力路線にあこがれてクイズを始めた人(僕もその一人)からすると、やりきれないものはありますが、それはTVだからしょうがないと割り切るしかないですね。参加者がいて、視聴者がいて初めて成り立つものなので。

 

他にもいろいろと思うことはありますが、あんまり書いてるときりがないのでまたそのうち書きます。

 

参加されたすべての全国erさん、本当にお疲れ様でした。

そして慶應さん、本当におめでとうございます。すばらしい、の一言に尽きます。

 

EDで、見れないと思っていた知り合いのチームを発見!やったね!

あと、個人的には大分女子チームと長崎女子チームが印象的でした。かわいかったなぁ。

 

参戦記↓↓

 

space-tiger.hateblo.jp

 

 

space-tiger.hateblo.jp

 

 

space-tiger.hateblo.jp