あるむふぁっきら

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あるむふぁっきら

福岡の大学生による雑記帳。

伊東祐親~鎌倉幕府執権になり損ねた男~

歴史

f:id:space-tiger:20151204232042j:plain




鎌倉幕府の執権として源頼朝を支え、頼朝の死後は将軍をしのぐ絶大な権力を手にした北条時政

小豪族だった彼がこの権力を手にできたのは、娘の政子が頼朝の妻であったからに違いありません。


彼は桓武平氏の出身で頼朝の見張り役を任じられていたため、最初は政子と頼朝の結婚に反対し、政子を違う男に嫁がせようとまでしました。

(自分を見張っている人物の娘を落としちゃう頼朝は相当ヤバいが、今回はそこには触れないことにします。)

しかし、政子の熱心に動かされて翻意。後には頼朝の協力者となって平氏を打倒し、さらには御家人の間の対立を制して権力を確立しました。

彼の子孫はその後100年以上「執権」として日本を動かすことになります。



頼朝の長男を殺害


しかし北条時政は最初から頼朝の見張り役をしていたわけではないのです。

彼の前にその任に当たっていたのが今回取り上げる、伊藤祐親(すけちか)でした。

f:id:space-tiger:20151204232042j:plain
伊東祐親 - Wikipedia


伊東氏は藤原南家の傍流の家。伊豆を統括するような有力武士です。

当然都との関係も深かったと思われます。

ところが彼が京都に出向いている間に、三女の八重姫が頼朝に落とされちゃって子どもまで作ってしまいます。
(やっぱ頼朝ってすげえたらし)

家に帰ってこれを知った祐親は激怒。源氏と姻戚関係を結ぶことで、平氏政権との関係が悪化することを恐れたのでしょうか。

「今の世の中で源氏の婿をとるなら、乞食にやる方がましだ」と言って二人を引き離し八重姫を無理やり別の家に嫁がせます。

さらには自分の孫である頼朝の子どもを川に沈めて殺し、頼朝自身をも殺害しようとしました。

頼朝はなんとか逃亡し神社に隠れ、その後に北条時政の屋敷に預けられることになります。


その後

頼朝が挙兵していわゆる「源平合戦」が本格化すると祐親は当然平氏側として参戦。

緒戦こそ優勢であったものの、都の対応の遅さから徐々に押され、形勢は源氏に傾きます。

そして富士川の戦いで祐親は源氏方に捕縛されました。

頼朝に命は許されることになっていましたが、これを祐親は恥として自害して果てます。


もしも

祐親が娘と頼朝の関係を許して、後の挙兵にも協力していたならば歴史はどうなっていたのでしょうか。

もともと勢力の強かった伊東氏は将軍の外戚としての地位を手に入れることで一層強力になり、史実の北条氏のように御家人の中核を担っていたに違いないと思います。

しかし時の権力を恐れ、時代の流れを読み切れなかった彼は、教科書にも載っていないただの有力地方豪族として歴史の中へ消えていきました。

(ただ以仁王の綸旨以前の頼朝は平氏打倒をそれほど強く考えていなかったという説もありますし、平清盛もまだ生きていたので、この時点で源氏の世が来ることを予測するのは無理だったのかもしれません。)