あるむふぁっきら

福岡の大学生による雑記帳。

【大学生必見】節約したいならお茶は作って水筒を持て。

こんにちは。
川尻いっち―です。
f:id:space-tiger:20161025141747j:plain
貧乏学生をやっておりますのでお金がありません。
なんとか節約をしなければと思って数ヶ月前から、出かけるときにはお茶を作ってそれを水筒に入れて持って行っています。

少し考えてみたらかなり割のいい節約になっていたので記事にしておきます。

水出し麦茶が便利

必要なもの

  • 水出しできるお茶パック
  • 100円ショップのポット
  • 水筒

手順

夜寝る前にポットに水とお茶パックを入れて冷蔵庫に入れておきます。
あとは翌朝パックを出して、お茶を水筒に入れて持って行くだけです。

めっちゃ簡単やん。

どのくらい節約できるの?

たとえば50袋入りのお茶パックを買った場合、50日間でかかる費用は、
パック代:約200円 と
初期費用(ポットと水筒代):約1000円 を足して
合計:1200円 ほどです。

一方、毎日ペットボトルのお茶を買ったとすると
1本の値段:約120円 × 50日で
6000円となります。

ペットボトルを毎日買っていると約5倍も余計にお金を払っていることになるのですね!

ポットと水筒はほとんど買いかえることがないでしょうから、1年間になおすと
水筒使い:約2400円
ペットボトル:約42000円
(計算がめんどくさいので350日で計算)

17.5倍の差が出ています!!
これはちょっともう毎日ペットボトル飲料を買う意味がわかりませんね????

50日 1年
水筒持ち 1200円 2400円
ペット飲料 6000円 42000円
比較 4800円 39600円

「でも作るのはめんどい」って人には

まあそりゃ分かるんですよ。毎晩ポットに水を汲んで冷蔵庫に入れるだけですけど、めんどくさいものはめんどくさい。洗うもの増えるし。

そんな人には別の手段「2Lペット小分け術」を勧めたい。

2Lペット小分け術とは

月曜日に500mlと2Lのペットボトルを1本づつ買い、500mlはその日に飲む。
残りの4日は、月曜に飲み終わったボトルを捨てずに持って帰り、よく洗ってから2Lペットのお茶を詰めるのです。

2Lのお茶は単価にすると500mlよりも安くなりますから、これでも十分節約はできるのです。

500ml:120円 2L:200円 と考えても
1年間で約22400円
(350日計算)

500mlを買い続けた時の半額近くになっています。

注意点

ただし、ペットボトルを水筒代わりにすることには食中毒の危険があります。
ペットボトルの内部には凹凸があるため、きれいに洗ったつもりでも汚れは残っているそうです。

また材質上、細かいキズが入りやすいためそこに雑菌が付着して繁殖することも考えられます。

safety.kirin.co.jp


メーカーからこのような注意がなされている以上、ペットボトルを水筒代わりにすることは推奨できません。
できればちゃんとした水筒を買うべきです。

ただ個人的には、

  • 中も飲み口も、毎日よく洗う
  • 1週間で交換する

といった予防を講じていれば大丈夫な気もします。

が、くれぐれも自己責任でお願いします。

まとめ

そうは言ってもぼくも水筒を忘れて、コンビニや学内の売店にお世話になることがあります。
また、夏場は水筒1本では足りないので、けっこうペットボトル飲料を買っていました。

節約は無理をせずにコツコツと続けていけるといいですね。