あるむふぁっきら

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あるむふぁっきら

福岡の大学生による雑記帳。

PILOT RiDGEの芯を替えるには

生活

パイロット 多機能筆記具 ツープラスワン リッジ ブラック BTHR-3SR-B

高校の卒業記念品としてもらったPILOT 2+1 RiDGEというボールペンを愛用しています。

黒・赤・シャーペンの多機能ペンで、回転式なのでとてもかっこいいです!

この間から黒インクの出が悪くなってきたので芯の替え時かな?と思い、芯を交換することにしました。

どうやって分解?

一般的なボールペンであれば、先端の金具を回してはずせるようになっているのですが、RiDGEはそうではありません。

回転式なので、軸をぐるぐる回して外そうとしても黒ペンと赤ペンとシャーペンがグルグル出てくるだけですし・・・。

おしり側は回して外せますが、小さな消しゴムがついているのみ。消しゴムを外しても、シャー芯の補充穴さえありません。

シャー芯の補充の仕方も分からなかったので、これまではシャーペンの芯がなくなるとペン先から直接補充していました。

正解は:引っこ抜く

調べてみると、説明書に

リッジはキャップを持って軸を引き抜きます

http://www.pilot.co.jp/support/pdf/multi_func.pdf

との記述がありました。

その通りにしてみるとスコッと抜けてくれました。

まさかこんな単純だとは思わなかったのでびっくりですね。

替え芯

替え芯にはBRF-8F-Bを使いました。大学の売店では60円ほどで購入できました。
筒が透明ではなくメタリックな素材でできているので、インクの残量が目で見えないのはやや不便ではあります。

またシャーペンの芯は、白い部品を外して筒の中に入れることで補充できます。シャー芯を入れすぎてしまうと詰まってしまうので、一度に入れるのは2本ほどまでにしておきましょう。