あるむふぁっきら

福岡の大学生による雑記帳。

数学ガール ゲーデルの不完全性定理 【読書感想文】

数学ガール/ゲーデルの不完全性定理 (数学ガールシリーズ 3)


主人公の「ぼく」と3人の少女が数学について語り合って考える「数学ガール」シリーズの第3作目、「数学ガール/ゲーデルの不完全性定理 (数学ガールシリーズ 3)」を読みました。



手に取った理由

結城先生の「数学ガールの秘密ノート/式とグラフ」を読んだことがあったので、数学ガールシリーズの他の本も気になっていたからです。シリーズ物は始めの巻から読みたい主義の人間なのですが、他の人に借りられていたためシリーズ3作目となるこの作品から読むことにしました。

完全な理解は難しい、だけどおもしろい

正直これを読んで、ゲーデルの不完全性定理について語れるようになったかと聞かれればそうではないです・・・。「論理」や「定理」といった抽象的な数学は僕にはレベルが高すぎました。(もちろんこれは受験の配点が低いからと高校時代に数学から逃げてきた自分が悪いのですが・・・)

ただ、とっつきにくい概念について具体例をあげながら、数式を言葉やグラフに落とし込みながら少しづつ学んでいく結城さんの切り口は、とても興味深く知的好奇心が満たされました。

あと、ミルカさんと「ぼく」の観覧車の中でのエピソードはキュンキュンしました。

いつかまた

途中までは紙とペンを横に置いて理解しようとがんばったのですが、定理と公理について書いてあるあたりから頭が追いつかなくなってしまいました。

もちろん続きのストーリーはおもしろかったのですが、やはり中身の数学を理解しながら読めるようになりたいです。ということで、いつかまた再チャレンジを…。


おわり