あるむふぁっきら

福岡の大学生による雑記帳。

大学の一般教養で取った宗教学の講義が死ぬほど面白かった話

こんにちは。大学生ブロガーの川尻いっちーです。

f:id:space-tiger:20171030101522j:plain

大学に入ってから様々な講義を受講してきました。

僕は商学部なので基本的には金融・経済・流通やマーケティングについて学んでいきます。一般教養科目では主に人文系の講義を取っています。

内容はもちろん、教えてくれる教授の性格や講義の進め方もいろいろ。

学生に学んでほしい!って熱意をもってる人もいれば、自分の講演会か何かと勘違いしてひたすらフリートークしてるだけの人もいます。



そんなたくさんの講義の中で、僕が一番面白かったと思うのは、一般教養で取った宗教学の講義です。

続きを読む

【文系大学生】ゼミで褒められたい!プレゼンのテーマを決める時に考えるべき3つのコト

f:id:space-tiger:20171026191716j:plain

大学生ブロガーの川尻いっちーです!

大学生になると多くの人がゼミに入ります。ゼミではプレゼンとかレポートをすることが求められることもけっこうありますよね。

たいていの場合は教授がテーマを提示して、これで発表して~って言われることが多いはず。

だけど、たまに「テーマ自由で!何でもいいからプレゼンしてよ!」みたいな先生もいます。



何でもいいとか逆に難しいわ!!ってなるんだけど、それでもプレゼンはしなきゃいけない。

ついでに言うと、教授に「よくできてるね~」って言ってもらいたいな~なんて思っている。

そんな、僕のようにマジメ系クズの文系学生が、どうやってテーマを決めようかと悩んだ時に見てほしい3つのポイントを書きました。

続きを読む

【終物語・考察】忍野扇の正体に関する伏線について(※ネタバレあり)

こんばんは。

大学生ブロガーの川尻いっちーです。


アニメ「物語シリーズ」の最新作「終物語」の「おうぎダーク」がついに放映されましたね!

続きを読む

第37回(2017)高校生クイズの全国大会出場校一覧と注目校まとめ

高校生クイズといえば、毎年夏に全国で予選が行われ、知力・体力・時の運で日本一を競う日テレの一大イベント!

今年も、高校生たちによる熱闘が見られそうです。

ということで、今年の出場校をまとめて、ぼくなりの注目校・優勝予想をしていきたいと思います。

続きを読む

クイズガチ勢が「Googleの検索結果を1件にするゲーム」を全力でやってみた結果

f:id:space-tiger:20170807142643p:plain

こんにてぃは。

福岡の大学生ブロガー、川尻いっちーです。

おもしろい遊びを紹介してる記事を見つけました。
www.chishikiyoku.com

Googleの検索結果を1件にするゲーム!! もう全然知識欲関係ねえじゃんって思った方はここで退出どうぞ いやこのゲームがとても面白かったので紹介するってだけ。 正直言って、暇つぶしには最高。 暇つぶしと言えばこれ。

最低限のネット環境だけでできる暇つぶしがとても面白いので紹介 - ちしきよく。


なんやこれ、すごいおもしろそうじゃんw

あまり知られていないことですが、僕は競技クイズガチ勢です。

早押しクイズで鍛えた知識量をなめんなよ!!
俺も挑戦してやるぜ!!

続きを読む

セルフハンディキャッピングに陥ってない?試験前の大学生は要注意

f:id:space-tiger:20170725223141j:plain

こんにちは。
大学生ブロガーの川尻いっちーです。

毎年2回、夏と冬には世の中の大学生が「つらいつらい」とTwitterに書く日が続きます。


僕も「テストつらい~やる気でない~」と書き込んでます。

そう、定期試験ですね。


半年間、つまらない講義に耐えて単位を取るための最後の関門・・・。
人生の夏休みを伸ばさないためにも、僕もテスト対策にいそしんでいます。


こんな時に注意したいのが「セルフ・ハンディキャッピング」です。
なんじゃそりゃ?って思う人もいると思うので、さくっと説明していきますね♪

続きを読む

鍵のない夢を見る/辻村深月【読書感想文】

ぼくが今回読んだのは2012年の直木賞受賞作となった、辻村深月さんの『鍵のない夢を見る』です。

鍵のない夢を見る (文春文庫)


この本は5つの話からなる短編集です。
どの作品にも罪の大小は違えど、犯罪者や罪人が登場します。

普通の女性がだんだんと泥沼にはまっていき、取り返しのつかないところにまで沈んでしまう心理状況が生々しく描かれていました。
読んだ後は心がザワザワとしました。

特に、『芹葉大学の夢と殺人』では主人公の女性が飛び降り自殺して物語が終わります。大学の先生を殺した元恋人が確実に死刑になるために、自分もまた殺されたことにした主人公がとても悲しかったです。

けれど、5つ目に書かれている『君本家の誘拐』は救いのあるストーリーでした。自分の赤ちゃんを置き去りにすることを寸前で思いとどまった主人公が、赤ちゃんに何度も謝る場面からは、これからも登場人物がその場所で生きていくのだ、というメッセージが読み取れました。


【書評】嫌われる勇気は釣りタイトルだった。幸福な人生を得るために必要なのは貢献感。

こんにちは。
大学生ブロガーの川尻いっちー(@sp_tiger_hatena)です。


自己啓発本としてよく紹介されている『嫌われる勇気』を先日読んでみました。

f:id:space-tiger:20170626140210p:plain


読了してまず思ったことは
この本は良い。
ってこと。

どうすれば幸福な人生が送れるかについて真剣に議論されていて、とても面白かったです。

続きを読む